お金がないので、、

今日もまた心屋仁さんのブログを呼んでてめっちゃ共感する記事がありました。講座をお知らせするときに、「今、お金がないんで受けれません」って言われる方が何人かいらっしゃいます。実はそういう人に最も必要な講座だったりするんですよね。

仁さんも、無料でカウンセリングをしたことがあるそうです。で、その結果気がついたのが、「お金がある人が出すのではなくお金がない人こそお金を出さないといけない」ってことだったそうです。お金がない人ってのは携帯代とか目の前に効果がみえるコストにはお金が払えるけど、「目にみえないものにお金を出すのが怖い」んです。


仁さんのブログの元ネタはココ。


話は戻って、お金がないから受けられない。こういう人は、お金のないループにどっぷりはまって抜け出せない方が多いです。本当に抜けようと思っている方は、受けるって決めたとたん、お金が舞い込んできて講座を受けられたりするんですよね。


お金がないから敢えて出してみる。参加してくれる人はお金の問題じゃなくて、「とりあえず面白そうだから受けてみます」って方が多くて、その時点でお金の壁の第一関門は突破してるなぁって思います。


なにかするときの基準。お金が有る無しじゃなくて、したいかしたくないかですよ(これ大事)。この感覚を大事にしていると不思議をお金がまわってくるようになります。だってお金はXXXXXですからね。