主催する人しない人

現在、お金の講座全国に主催者がいてくれます。大阪市、福岡市、鹿児島市、和歌山市、愛知県などなど。前に大阪や福岡で開催する経緯については書いたことがありますが、今日はそれ以外の方について書いてみます。ここに豊かになるヒントがあるような気がします。

鹿児島と和歌山で主催してくれることになった方達はまだ1回しかお会いしたことがない方ばかり。しかも挨拶程度で深い話なんてする時間もなく5分10分立ち話をしただけなんです。


ここで、講座を主催する側と受ける側、はたまた受けない人って大きく3分類されちゃいます。これってこういう講座に限らず、いろんなケースもあるかも。たとえば、合コンでも自ら計画する人、誘われたら行く人(もしくは誰かが誘ってくれるのを待ってる人)、行かない人。別に合コンじゃなくてもいいんですけどね。 旅行もどんどん計画していく人、誘われたら、ツアーだったら行く人、めんどくさいので行かない人、など、だいたい3パターンです。別にどれがいいってわけじゃあないんですけど、自ら動く人とその他の2者では、豊かさの入ってくるレベルはかなりの差がつきます。


まず、自分でやってみたいって思えるってことは、自分の直感に従ってすでに行動ができる人。考えて考えて気がついたら誰かがやってたってことよくありませんか? あと考えてるうちに、もうその講座も終わってたとか。行きたかった旅行の場所が天災でみれなくなるってこともあります。


次に自分でやるって決めると責任の量がはんぱなく違う。人がやったことに乗っかると、例えば、合コンで全然好みの人がいなくても、好みの人がいるような合コンを設定しなかった主催者を責めるかもしれないけど、自分が主催者だったら、みんなが満足するようなメンバーを揃えようとか場所もいいとこ探さなきゃ〜とかみんなが楽しんでもらえるには〜とかいろんなこと考えないといけないわけです(考えない人はおいといて)。


それから、講座なんてのを主催すると、合コンじゃないけど、人を揃えなきゃとか場所探しとか、広告はどうするかとか考えることはいっぱい。講師や他の参加者との連絡もたくさん。そこをめんどくさがっちゃう人多数。


そこを動けると人生ほんと面白くなってくる。講師と連絡をとるってことは、普通の人以上に講師と話せる機会があるので、そこから学べる機会もたくさん(私から学べるかってことはおいといて)。自分で講師を呼んじゃえば、自分の講座代がただになることも多数。おまけにみんなから感謝されることも多いし知り合いも増える。全体像をみる力が働くので、視野も広がり、お金の全体像も見えやすい。


ただ、私の場合はお金もうけで呼びたいって方はご遠慮して頂いてます。リクエストの時点でだいたいわかります。自分もその講座を受けたい〜!って熱望してくれる方はどこへでもたいてい行きます(笑)


さて、和歌山で主催してくれる方がブログで私との出会いを書いてくれました。素敵に書いてくれてとっても嬉しい♪

http://plaza.rakuten.co.jp/yuhmama/diary/201409050000/